シルダリストで長く力強い勃起が手に入る!

シルダリストの画像

シアリスはEDに悩んでいる世界中の男性たちに最も選ばれている治療薬。
そんなシアリスと同じ効果がより安く手に入ると人気なのがシアリスジェネリックです。

その中でも変わり種なのがシルダリスト。
実はこのシルダリスト、シアリスのほかにもバイアグラの特徴も得られるハイクオリティED治療薬なんです。

シルダリストはどんなED治療薬?

シルダリストの商品画像

シルダリストはインドのダラム社が製造・販売を行っています。
有効成分にシアリスと同じタダラフィル20mgと、バイアグラと同じシルデナフィル100mgの2種類を含有しているハイブリッドED治療薬です。

 

セット内容 販売価格
20mg+100mg×6錠 3,490円
20mg+100mg×18錠 9,970円
20mg+100mg×30錠 15,740円

シアリス20mgが1錠あたり2,000円前後、バイアグラ100mgが1錠あたり2,500円前後で、シルダリストと同じ量を使用するのに合計4,500円前後であるのに対し、シルダリストは1錠あたり550円前後と格安で手に入ります。

自然な勃起が長時間得られるほかのシアリスジェネリックと比べ、シルダリストは両方の特徴が得られるため、力強い勃起が24~36時間という長時間にわたり手に入ります。

シルダリストでは破格の値段でED治療が行え、1錠で2つの薬の特徴が得られる一石二鳥にも三鳥にもなるお得なED治療薬なのです。

シルダリストの飲み方

薬と水の入ったコップ

性行為の30~60分前に1日1回1錠(~120mg)を服用しましょう。

シアリスジェネリックは体内へ吸収されるのに時間がかかるため、通常は性行為の1~3時間前に服用します。
しかしシルダリストにはシルデナフィルが含まれているため、性行為の30~60分前に服用しても効果を得られます。

1錠に対してそれぞれの有効成分の最大摂取量分が入っているため、ピルカッターなどでカットを行い、半分を服用しても効果を実感できるでしょう。

できるだけ空腹時での服用がGOOD!

シアリスジェネリックは食事の影響を受けないため、800kcal以内の食事をとっても難なく効果が得られます。

しかしシルダリストにはシルデナフィルが含有。
シルデナフィルは食事の影響を受けてしまうため、空腹時で服用するようにと言われています。

効果を最大限に得るためには食事を行わず、空腹時に服用するようにしましょう。

シルダリストは副作用が出やすい!?

頭痛で頭を押さえている男性

シルダリストの副作用
頭痛
紅潮
ほてり
消化不良
動悸
めまい
鼻閉
目の充血
など

タダラフィルは体内への吸収が緩やかに行われるため、副作用の発現率は3割程度。
そのためタダラフィルを含んでいるシアリスジェネリックは、ED治療薬の中で副作用が出にくいと言われています。

シルデナフィルの吸収はタダラフィルに比べ早く行われ、効果が強くでる反面、副作用の発現率は9割程度。
シルダリストはシアリスジェネリックであるため副作用は出にくいですが、シルデナフィルも含んでいるため、ほかのシアリスジェネリックと比べると少々副作用が出やすい傾向にあります。

シルダリストを服用してはいけない人

シルダリストの服用が出来ない人
・タダラフィルまたはシルデナフィルにアレルギーがある人
・併用禁忌薬を服用している人
・医師に性行為を禁じられている人
・重度の肝機能障害のある人
・低血圧(90/50mmHg以下)または高血圧(170/100mmHg以上)の人
・心筋梗塞を3ヵ月以内に起こした人
・脳梗塞や脳出血を6ヵ月以内に起こした人
・網膜色素変性症の人
など

こういった症状や持病を持っている人はシルダリストの服用を行わないでください。
服用してしまうと、症状を引き起こしてしまったり悪化させてしまったり、最悪の場合生命にかかわります。

服用してしまった場合は、すぐさまかかりつけの医師を受診しましょう。

シルダリストの併用禁忌薬

シルダリストの併用禁忌薬
・硝酸剤およびNO供与剤
(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビドなど)
・sGC刺激剤
(リオシグアト[アデムパス]など)
・アミオダロン塩酸塩
(経口剤[アンカロン]など)
など

これらの薬を投薬している人がシルダリストを併用すると、効果を打ち消し合い治療の妨げになってしまったり、お互いの副作用を強めてしまったりする恐れがあります。
最悪の場合は命にかかわる事態になるため、服用は決して行わないようにしましょう。

これら以外にもなんらかの投薬を行っている場合は、一度医師に併用の確認を行うようにしてください。

シルダリストは個人輸入サイトから

病院から処方してもらえるED治療薬は有効成分が1種類しか入っていないものばかり。
そのためタダラフィルとシルデナフィルの2種類の有効成分が入っているシルダリストは処方してもらえません。

そんなシルダリストは個人輸入サイトから購入できます。
個人輸入を利用しての医薬品の購入は国によって認められているため、合法的かつ簡単にそして安くシルダリストが手に入ります。

Posted by Taro


PAGE TOP