ビダリスタCTは薬嫌いでも簡単に服用できる優れもの!

噛んで服用するシアリスジェネリックビダリスタCT

ビダリスタCTは世界シェア率NO.1であるシアリスのジェネリックです。
多くの人から選ばれ、ED治療を行ってきました。

そんなビダリスタCTはビダリスタ同様にシアリスジェネリックの中では最安値
値段も効果も同じ2商品ですが、なにが違うのでしょうか。

今回は、ビダリスタCTについてご紹介していきます。

ビダリスタCTってどんなED治療薬?

ビダリスタCTの画像

 

20mg × 10錠 ¥2,150

ビダリスタCTはインドの製薬会社センチュリアンによって製造・販売が行われています。
有効成分はシアリスと同じタダラフィル。ゆえにシアリスと同じ効果を得られるんです。

シアリスは1錠あたり1,500円ほどですが、ビダリスタCTは1錠あたり215円ととてもお得。
シアリスジェネリックの中でも最安値で販売されているため、その人気は衰え知らずです。

同じ最安値で同製薬会社から販売されているビダリスタは、チュアブルタイプ(CTタイプ)か錠剤タイプかという違いの兄弟商品。
錠剤が苦手という人にオススメなのがビダリスタCTなのです。

ビダリスタCTの効果

ビダリスタCTは勃起のサポートをしてくれるED治療薬
血管を拡張して血流をよくする作用を持っており、ペニスへと十分な血液が流れるとペニスにある海綿体がスポンジのように血液を吸収し勃起するのです。

それゆえ「勃たない・硬くない・(勃起が)続かない」といった症状を改善してくれます。

作用までは1~3時間、持続は24~36時間

服用後、効果を実感できるまでには1~3時間ほどかかります。
これは有効成分のタダラフィルが水に溶けにくいという性質を持っているからであり、徐々に体内へと成分が吸収されるため、効果も時間をかけて徐々に出てくるのです。

また、ビダリスタCTの一番の特徴はその効果の持続力。
成分の吸収がゆっくり行われるため、効果も長続きします。
その長さなんと24~36時間。週末をこれ1錠で過ごせるため、海外ではウィークエンドピルと呼ばれています。

効果の持続時間中ずっと勃起しているわけではない

ED治療薬を服用すると自然に勃起するのでは?と考える人も多くありません。
そのため効果が長時間続くビダリスタCTの服用を迷うことも。

しかしED治療薬とは勃起をサポートする薬であるため、薬自体に精力剤や催淫効果といった作用はなく、勝手に勃起することはありません
性的刺激や興奮があってはじめて勃起するようになっているため、それらを感じなければ勃起せず、普通の生活を送れます。

※勃起をサポートする効果であるためいつもより勃起しやすくなっており、小さな刺激や興奮であっても勃起することがあります。

ビダリスタCTの副作用

ビダリスタCTの副作用

ビダリスタCTのおもな副作用は、頭痛・紅潮・ほてり・消化不良です。
おもな副作用といっても、有効成分タダラフィルの吸収が緩やかに行われるため、ほかのED治療薬と比べ発症率が低いのが特徴。

しかし副作用の症状が出る時は出てしまいます。
一時的なものであれば問題はありませんが、症状がなかなか治まらない・我慢できないほどの症状であれば、すぐさま医療機関を受診してください。

ビダリスタCTの飲み方

ビダリスタCTは性行為の1~3時間までに1錠を服用しましょう。
水やぬるま湯で服用してもいいですが、チュアブルタイプであるため噛み砕いたり唾液で溶かしたりしての服用も可能です。

ビダリスタCTは海外の人向けに製造されている治療薬であるため、1錠(20mg)まるまるの服用は小柄な日本人には多いことがあります。
はじめての服用の際は、半分(10mg)に割って服用し、副作用も小さく効果が得られないという場合のみ服用量を増やしていきましょう。
国内で定められているタダラフィルの1日の最大摂取量は20mgです。

次の服用は24時間以上あけて行ってください。
あけないで次を服用してしまうと、残っている前回の成分と合わさり副作用を強く起こしてしまう場合があります。

食事やアルコールの影響はない?

お酒と食事はOK?

ビダリスタCTの有効成分であるタダラフィルは水に溶けにくく、徐々に身体へと吸収されていくという特徴があります。
それゆえ、食事やアルコールの影響を基本的には受けません。
だからといって食えや飲めやとしていいわけではなく、その量には上限があります。

食事は成分の吸収に邪魔にならない800kcal以内の食事(オムライスや牛丼など)、アルコールは薬の作用によって酔いのまわりが早くなるためほろ酔い程度(1~2杯)となります。

基本的には影響を受けないのであって、完ぺきに影響を受けないわけではないため、最大限の効果を得たいという人は空腹時に服用しましょう。

併用禁忌薬

ビダリスタCTには一緒に使用してはいけない併用禁忌薬があります。

ビダリスタCTの併用禁忌薬
・硝酸剤およびNO供与剤
(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビドなど)
・sGC刺激剤(リオシグアト)

これらの薬とビダリスタCTを同時に使用してしまうと、お互いの効果を打ち消し合って持病の治療の妨げになったり、お互いの効果を増幅させて副作用を増強させてしまったり、命の危機に陥ってしまうこともあります。
上記の薬を服用している場合は、決してビダリスタCTを服用しないでください。

併用注意薬

ビダリスタCTとの服用に注意しなければならない併用注意薬があります。

ビダリスタCTの併用注意薬
・CYP3A4阻害剤
・HIVプロテアーゼ阻害剤
・CYP3A4誘導剤
・α遮断剤
・降圧剤
・カルペリチド
など

併用してしまうと、お互いの効果を打ち消し合ったり、増幅したりする恐れがあります。
医師と相談して服用するようにしましょう。
上記以外にも服用している薬があれば、ビダリスタCTとの服用の可否を医師に確認して服用してください。

ビダリスタCTは個人輸入から

噛んだり溶かしたりして簡単に服用できるビダリスタCT。
そのうえ世界的に選ばれているシアリスと同様の効果を、最安値で得られる優れものです。
しかしビダリスタCTは国内での認可は下りておらず、処方してもらうことも購入することもできません。

そこでオススメしたいのが個人輸入サイトを利用しての購入。
医薬品の購入を海外から行うことは国によって認められており、個人輸入サイトを利用すると簡単に購入できるのです。

Posted by Taro


PAGE TOP