なぜ勃たない!?EDの原因を明らかにしよう

なぜ勃たない!?EDの原因を明らかにしよう
「セックスしたくてもペニスの反応が悪い・・」
このようなED症状の原因には、

・心因性(精神的な問題)
・器質性(体の問題)
・薬剤性(薬の副作用によるもの)

など、個人差があります。
EDの症状を改善したいのであれば、自分のED原因となるものを知る事が治療のためには大切です。
EDの原因にはどのような事があるのか知っていきましょう。

心因性

心因性のED
心因性EDとは、体はいたって健康なのに、精神的な問題がキッカケで起こるEDを指します。
うつ病などの精神疾患によるものではなく、セックスに対するストレスやプレッシャー、不安感などから引き起こされます。
若年者のEDの場合、この心因性である場合が多いです。
過去のセックス体験のトラウマや、性器をバカにされた、子作りによるプレッシャーなど、原因となるキッカケは個人差があるでしょう。
またセックスに対する感情だけでなく、仕事のストレスや日々の人間関係など、何か悩みを抱えている場合も勃起運動に影響を与える事があります。

心因性EDに関して詳しくはコチラ

器質性

器質性のED

体に何らかの問題があり、それにより引き起こされるEDを器質性EDと言います。

加齢や生活習慣病、肥満による動脈硬化や、男性ホルモンの一種であるテストステロンの減少によって勃起機能に影響を与える他、過去に起きた事故や手術の影響で、勃起を伝える神経や血管にダメージがあった場合もEDを発症させる要因となります。
または脳の病気(パーキンソン病や脳梗塞など)も、勃起の指令が下半身に伝わらない原因となるでしょう。

器質性EDについて詳しくはコチラ

薬剤性ED

薬剤性ED

普段から飲んでいる薬の副作用によってEDとなる場合もあります。
EDが副作用にある薬は以下があります。

EDの原因となる可能性がある薬一覧
降圧剤
抗うつ剤
抗精神薬剤
抗てんかん剤
睡眠薬
抗潰瘍剤
抗男性ホルモン剤
脂質異常症治療剤

薬剤性EDの場合、薬の使用を止めたり、服用量を減らしたりするとED症状が改善されるでしょう。
しかし、それは持病の治療の妨げとなってしまうため、自己判断で薬をやめたり減らした入りするのは危険です。
薬剤性EDに心当たりがある人は、必ずかかりつけの医師に相談するようにしましょう。

EDの予防や改善方法

薬剤性ED

EDを改善するのに治療薬は効果的ですが、ED体質根本を改善してくれるものではありません。ED治療薬などはあくまで勃起をサポートする薬であるからです。
EDの症状を予防したり、より症状を解消していきたいのであれば、日ごろから自分で気をつける点はいくつかあります。

ストレスを溜めこまない

勃起はストレスによる影響を受けやすいため、ストレスを溜めこまないことはとても大切です。
ストレスや悩みの種を一人では解決できない場合もありますね。そんな時は信頼できる人やカウンセラーなどに心の内を打ち明け、少しでも心の負担を軽くするようにしてみましょう。

生活習慣を見直す

ペニス周りの血管拡張とスムーズな血流が勃起には必要です。
生活習慣の乱れにより、血管壁が硬くなり、勃起に必要な血管拡張が上手くいかない場合があります。またドロドロ血なども血行を悪くさせる原因です。
その原因となる暴飲暴食や運動不足、喫煙には気をつけましょう。

シアリスジェネックはEDに効果的!

ED治療薬の世界シェア率NO.1のシアリス。シアリスと同様の有効成分が同量配合されているシアリスジェネリックはED症状にとても効果的です。

精神面、体の健康面に気をつけながら、シアリスジェネリックを使って効果的にEDの治療をしていきましょう。

シアリスジェネリックの通販について詳しくはコチラ

Posted by Taro


PAGE TOP