シアリスジェネリックの飲み方ガイド~自然な勃起を手に入れよう~

2019年10月2日

ED治療薬のシアリスジェネリックは、薬の持続時間が長く、自然な勃起へとサポートしてくれます。
薬の効き方がマイルドであるため、身体への負担も少なく安心して服用できますが、間違えた飲み方をしてしまうと、当然副作用のリスクを高めることになってしまうため、注意が必要です。
また、効果を実感するために知っておきたい服用ポイントも、ここでご紹介していきましょう。

シアリスジェネリックの服用方法

シアリスジェネリックの服用方法

服用量 1日1回1錠(タダラフィル10~20mg)
服用タイミング 性行為の1~3時間前
1日の最大摂取量 20mg
服用間隔 24時間

シアリスジェネリックは1日1回1錠(10~20mg)を水、またはぬるま湯で服用します。

有効成分のタダラフィルは、体内へ吸収されるスピードがゆっくりであるため、効果の現れ方もそれに比例します。服用は性行為の1~3時間前を狙いましょう。

シアリスジェネリックは沢山の種類があります。
タダラフィル量が1錠あたり10mgの錠剤もあれば、20mgも。

20mgの錠剤は、体系の大きな海外男性に合わせて作られています。
日本人男性に20mgは薬が効きすぎてしまう可能性があるでしょう。

薬が効きすぎた方が勃起力は高まるのでは?と考えてしまう人も少なくありません。
しかしそれは大きな誤解で、自分の身体に見合わない量を摂取してしまうと、副作用発症の原因となってしまいます。
副作用の症状はコチラ

20mgのシアリスジェネリックを購入した場合、初めて服用する人はピルカッターで10mgカットしてから飲み、効き目を確認しましょう。
もし10mgで効果が薄く、且つ副作用が気にならない場合は最大摂取量である20mgまで増やしてもOKです。
薬を安全に使用するためにも、1日の最大摂取量である20mgは決して超えないようにしてください。

服用量と持続時間の関係性、服用間隔は守ること

シアリスジェネリックは服用量で効果の持続時間が変わるとされています。
10mgでは24時間、20mgで36時間です。

シアリスジェネリックの服用間隔は24時間。これは10~20mg関係ありません。

10mgを服用して効果が物足りないと感じた場合、24時間を待たず追加で服用するのは厳禁。
服用間隔は必ず守ってください。

シアリスジェネリックと食事の関係性

シアリスジェネリックと食事の関係性

有効成分のタダラフィルは水に溶けにくいため、食事の影響を受けにくいです。
800cal前後までの食事であれば摂取した後に服用しても、効果にそれほど影響ないとされています。

800cal前後の食事は以下のものが挙げられます。

和食 ひれかつ定食、ねぎとろ丼、親子丼、うどん類など
洋食 カツカレー、パスタ類(カルボナーラ除く)など
中華 レバニラ炒め、麻婆豆腐定食、チャーハンなど

最大限に効果を得たいなら、空腹時に飲むのがオススメ

食事の影響はその他のED治療薬に比べて低いものの、やはり効果を最大限に発揮するには空腹時に服用するのがベスト。
できるだけ早く効果を実感したい、もう少し勃起力が欲しいという場合は、胃に何も入っていない状態の時に飲んでみると良いでしょう。
できるだけ服用前に摂った食事の影響を受けないためにも、脂っこいものよりアッサリした食べ物をチョイスしてください。

グレープフルーツは厳禁

グレープフルーツの成分フラノクマリン酸には成分の血中濃度を高める作用があります。
成分の血中濃度が上がると、薬の作用が強くなってしまい、副作用のリスクを高めてしまうため、シアリスジェネリックとグレープフルーツの飲み合わせは禁じられています。
薬を飲んで効果が切れるまでは、グレープフルーツや、また材料に使われている飲み物や食べ物などの摂取は控えるようにしてください。

Posted by Taro


PAGE TOP