通販限定|シアリスジェネリックの最安値を探せ!その安さの理由とは

2019年10月18日

シアリスは、バイアグラ、レビトラと並ぶ世界3大ED治療薬の一つで、現在シェア率はNO.1。
先発薬なので、1錠あたりの価格が1,500円前後と少しお高めです。
しかし、海外製のシアリスジェネリックであればグンと低価格で、しかも通販で購入できます。

数あるシアリスジェネリックのなかから、最も低価格で購入できる薬を探してみましょう。
また、安さの理由も併せてご紹介していきたいと思います。

もっとも安いシアリスジェネリックはコレだ!!

1セットの価格 1錠(包)当たりの価格
シアスマ   シアスマの画像 1,800円(4錠) 450円
タダシップ  タダシップの画像 1,740円(4錠) 435円
メガリス   メガリスの画像 1,910円(4錠) 477.5円
タダライズ   タダライズの画像 2,240円(10錠) 224円
ビタリスタ    ビダリスタ 2,150円(10錠) 215円
タスティリア    タスティリアの画像 2,510円(10包) 251円
アプカリスSXオーラルゼリー アプカリスの画像 2,690円(7包) 384円
タダライズオーラルゼリー タダライズオーラルゼリーの画像 2,240円(10包) 224円

豊富な種類があるシアリスジェネリック。
その中でも最も低価格なのが、センチュリアン社が開発・販売を手掛けているビダリスタ。
10錠(包)1セット、1錠あたりの価格が215円と最安です。
ジェネリックの中でも価格が高いのがメガリスの477.5円だという事が分かりました。

先発薬のシアリスは1錠あたりの価格が1,500円なので、シアリスジェネリックは先発薬の1/3~1/7の価格で購入できる計算となります。

ジェネリックは先発薬と同じ有効成分で作られている薬であるため、効果も同様です。

「1晩のセックスに1,500円は高い・・」
「ED治療のコストをできるだけおさえたい」

という人にジェネリックの存在は嬉しいですね・

ジェネリックだとなぜ安い?

ジェネリックだとなぜ安い?

ジェネリック価格の安さから、「品質に問題があるのでは?」「本当に効果がある?」と不安に思う人もいるでしょう。
薬の値段は開発までのコストが関係しています。
先発薬(新薬)の場合、薬の開発におよそ9~17年の研究・開発期間と、数百億円以上の開発費がかかっています。臨床試験を繰り返し、安全性を確認、商品販売までの宣伝費用、それにあたる人件費など莫大な時間と費用がかかってしまうのです。
そのため新薬開発を行なった製薬会社は、特許を出願し、認可されてからおよそ20年は
独占的に販売ができます。

この特許法は世界共通。新規性のある技術的発明の権利は、政府によって一定期間保護されます。

特許が満了を迎えると、同じ有効成分で作られ、同等の効果を持つ薬の販売が許可されます。それがジェネリックです。

すでに沢山の臨床試験結果と、薬の有効性を証明された成分での製薬となるため、開発期間が3~4年、費用も1億円ほどで、新薬よりも圧倒的にコストが低く開発できます。

そのためジェネリックは低価格で販売することが可能となるのです。

しかし実はシアリスの特許はまだ満了を迎えていないという事実があります。
本来ならシアリスジェネリックは認められないはずです。ではなぜこんなにも沢山の商品があるのでしょうか?

インドのジェネリック制度により、合法的にジェネリックが開発できる

インドのジェネリック制度により、合法的にジェネリックが開発できる

シアリスジェネリックはインド製。実はインドの特許法は他の国と異なります。
医薬品の特許には

・物質特許(有効成分)
・製法特許(製薬方法)

の2種類がありますが、インドでは物質特許を認めないという「1970年特許法」が存在します。

そのため、製薬方法さえ違えば、同じ有効成分の薬が合法的に製造を行なえるのです。

インドはジェネリック大国でも知られています

物質特許がないインドはジェネリックの開発が非常に盛んで、ジェネリック大国と言われているほど。
インドの薬というと日本人にはあまり馴染みがないかもしれませんが、インドの製薬技術は高く、しかも低価格であるため世界中で流通しています。
シアリスジェネリックのようなED治療薬だけでなく、マラリアやHIVの治療薬、抗生物質なども開発しており、国境なき医師団の活動にも大きく貢献。途上国の人々の命を救っています。

シアリスジェネリックの安さの理由を知ると、より安心して薬を使用できますね。
EDを低価格で、賢く治療していきましょう。

Posted by Taro


PAGE TOP